住まいを購入する際の諸費用ガイド

住まいを購入する際の諸費用

住まいを購入するには、物件価格以外に諸費用が必要になります。
通常では、物件価格の1割程度と言われています。
諸費用とはどのような内容かと言うと、まず、不動産に仲介してもらった物件ならば「仲介手数料」がかかります。
相場は、物件価格×3%+6万円です。
なお、不動産会社によっては仲介手数料を割引してくれる場合もあります。
次に、住宅ローンを組むのであれば、「銀行保証料」がかかります。
そして「ローン事務手数料」もいります。
その他にも銀行で行う諸々の手続きの費用として「銀行手数料」がかかりますこれらは借り入れする金額やその銀行によって違います。
次に、火災保険に入るのなら「火災保険料」がいります。
一般的には購入時に入っておきます。
なお、その後解約して別の保険に入ることは自由です。
次に建物を登記する為の「表示登記費用」等が必要です。
以上、これらをざっと合わせて計算すると、物件価格の1割程度になります。


住まいを購入する際に、この諸費用の準備ができない場合は、諸費用もローンにする事ができます。

しかし、物件価格までの融資ならできるが諸費用をプラスすると返済不可能になる可能性が高い、と保証会社に判断されたら融資を受けることはできません。もし融資を受けることができたとしても、その分借り入れ金額が多くなり、必然的に月々の支払いも多くなってしまいますので、出来る限りは諸費用を準備しておく事が望ましいです。

ちなみに、購入する住まいが新築の場合は、更に「外構工事費」「建設確認費」「水道市納金」等が必要になります。
これらでだいたい100万円前後になります。
なお、物件価格にこれらを組み込んで価格を表示しているケースもありますので、不動産会社に確認してください。住まいを購入するには、物件価格だけでなく、これらの費用や諸費用が必要になるということを認知し、できるだけ物件価格以外は自己資金で賄うようにすれば、月々の返済は負担が少なくて済むようになります。

おすすめ